クレジットカード 審査

クレジットカード 審査について

クレジットカード 審査

クレジットカードは社会人であればほとんどの人が持っているものだと思います。

クレジットカードは高額な買い物をする時にも役立ちますし、あまり持ち合わせがない時にも役立ちます。
またカードを利用すればするほどポイントがたまっていくシステムになっているので、カードで家賃や携帯料金を支払う人も多いでしょう。
このクレジットカードを契約する際は、必ず審査があります。
お金に関わることなので、審査はあっても当然ですね。
ネットのホームページから契約をしてもいいですが、ショッピングモールなどで契約するのもいいでしょう。
クレジットカードの勧誘はよく行っているので、気になっているのであれば話を聞いてみてもいいですね。
クレジットカードの審査が通るかどうか一度審査してもらいましょう。。
新社会人でも契約できるものなので、安定した収入があれば特に問題はないとされているのです。
しかしその場合は限度額が低めに設定されています。
またキャッシュ機能がついていても、そちらも低めに設定されています。
しかしお金の借り入れに関して不利なことがある場合は、この限りではありません。
以前ローンを組んでいて、大幅に返済を延滞したことがあるなどのことがあれば受かるものも受かりません。
また書類には会社名や年収などをきちんと記載しましょう。

クレジットカードの審査に落ちた方、審査に不安な方にオススメのカード

今すぐカードが作りたい方や、カードをすぐに作る必要があるあなたにはこの1枚がおすすめです!

クレジットカード 審査

ACマスターカードはキャッシングだけでなくクレジットカードとして使用することが可能なカードです。国内外でも使用できます。
一般的に審査に通らないといわれる、自営業、学生、フリーター、派遣社員もこのカードはおすすめです。
入会条件:20〜69歳で、安定した収入と返済能力のある方。
最短で即日カード発行が可能!
年会費は永年無料なので、持っていると便利です。
利用可能枠
ショッピング  10万〜300万円
キャッシング 1万〜500万円

クレジットカード 審査

クレジットカードの審査で気を付けること

クレジットカード 審査

クレジットカードの審査で気を付けることはどのようなことがあるのでしょうか。まずは手書きで申込書を記載するのであれば、できるだけ丁寧に申込書を記入するという点があります。

申込書の記入方法というのは性格が出ると言われています。申し込みをするのに乱雑に記入するような人はやはり性格的に問題があると思われてしまします。
一定期間にいくつものクレジットカードに申込みをしていると審査に通りにくいと言われています。
実はクレジットカードを申し込んだ履歴というものが個人信用情報として登録されているため、他のクレジットカード会社でもどのクレジットカードに申込みをしたのかが分かるようになっています。

 

過去にクレジットカードに申込みをした時と整合性のない内容で申し込みをした時には審査に通りにくくなると言われています。引っ越しなどをして住所変更などが行われていないクレジットカードがもしあったら、これがネックとなって審査で通らないことがあります。
あまりにも多くの枚数のクレジットカードを所有しているとこのような点も気が付かないケースがありますので、多くのカードを持ち過ぎないということも重要なポイントになってくるようです。クレジットカードは信用度が低いと審査に通りませんから、この点を気を付けて申し込みをして審査に通るようにしたいですよね。
クレジットカードのステイタスによっても審査が厳しいところと比較的緩いところがありますので、この辺りもチェックして申し込みを行ってみましょう。

クレジットカード 審査に必要な書類

クレジットカード 審査

クレジットカードに申込みをする時には審査に必要な書類を提出する必要がある場合があります。どのクレジットカード会社でも必ず必要になってくる書類としては本人確認書類となっています。本人確認書類として使用することが出来るものとしては、まず運転免許証があります。住所変更などを行っていて裏書がされている場合には、裏面のコピーも必要になっています。パスポートも有効になっています。パスポートの場合には、顔写真が入っているページと住所が記載されているページの両方のコピーが必要です。健康保険証も本人確認書類として使用することが出来ます。本人の名前と生年月日、住所が記載されているページのコピーもしくは、カード形式の健康保険証であれば両面のコピーが必要です。住民票の写しは発行から6ヶ月以内のものであれば使用かできます。外国人登録証明書は住所や氏名が記載されている面になりますが、変更がある場合には両面のコピーが必要です。住民基本台帳カードは顔写真がある面のコピーが必要ですが、クレジットカードの会社によっては不可というケースがあります。学生の場合には本人確認書類の他に学生証のコピーが必要です。クレジットカードにキャッシング枠がある場合やクレジットカード会社によっては収入証明書が必要になる場合があります。収入証明書は源泉徴収票、給与支払い明細書、所得証明書、確定申告書、年金証書または年金振込通知書などになります。

クレジットカード 審査 電話

社会人であれば誰もがもっているクレジットカード。
今までにお金の借り入れに関してブラックリストにのるようなことをしていない・
就職しているなどの条件がそろっていれば、大体はクレジットカードの契約はOKと思っていていいでしょう。
クレジットカードの審査はネットで行うか、ショッピングモールなどで行っているカードの勧誘の時に行うかです。
中々時間が取れないという人は、ネットで行うといいでしょう。
クレジットカードの契約の際の審査では、必ず電話連絡があります。
電話連絡は勤めている会社に、在籍確認ということで連絡があります。
在籍確認の電話は、提出した情報に偽りがないかということを確認する為のものです。
会社に電話されて、変な噂が流れたりしたらどうしようと思う人もいるでしょう。
しかしそんな心配はいりませんよ。
電話の際に会社名をわざわざ言うこともありませんし、「○○さんはいらっしゃいますか」
といった聞き方をするようなので特に疑われることはないでしょう。
事務・人事の人と仲が良ければこんな電話があったけどと言われるかもしれないので、その場合は事前に説明しておくのも手です。
クレジット会社の中には電話連絡がないところもあります。
また電話確認があっても本人確認の為に、自宅や自分の携帯にかかってくるだけのこともあります。
会社によって違いますので、電話が嫌なのであれば電話連絡がないところを探してみましょう。

クレジットカード 審査 年収

クレジットカードを申し込むときには申込書にさまざまな情報を書き入れますが、その中に年収を書き込む欄というものがあるとおもいます。年収が低ければ当然ですが審査には通りにくい可能性は高くなります。しかし、年収が低い=審査に通らないということはないそうです。
この年収というのは実はクレジットカードの申込書の中でも一番確認が取りづらい項目の一つになっています。
年収というのは基本的に公に公開されていないものですから、クレジットカード会社が本当にこの人の年収がこの金額なのかということをチェックするということがとても難しいものになります。目安となると言えば勤務先の名称と勤続年収から推測することくらいしかできませんよね。
そのため、クレジットカード会社としては、年収はうそを書かれても分からない項目として実は重要視をしていないと言われています。重要視していないからと言って虚偽の年収を書き込むことは絶対に避けるべきです。あまりにも虚偽の年収を書き込んでしまうと、本当にその年収があるのかという証明を提出するように言われてしまうケースもあるようです。クレジットカードで年収の目安となるのは200万円を超えているのかどうかという点になってくると言われています。
もし、年収が200万円未満という人でも、アコムマスターカードは審査通過することがあると言われていますので、年収の低さが不安という人はアコムマスターカードに申し込んでみてはいかがでしょうか。